ハチミツとローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、どちらもミツバチから摂取されるという点では同じですが、成分や味、匂いなどは全くことなります。
この2つの成分の違いについて比較して、詳しく知ることによって、さらにそれぞれについて理解が深められるのではないでしょうか。
まず、違いについてですが、主に3つあるといわれているようです。

まず、誰が食べているのかについてですが、ローヤルゼリーは女王蜂の食べ物であるのですが、蜂蜜は働き蜂が食べる食品です。
ミツバチの群れの中でも選ばれた存在である女王蜂のみが、この特別な食事を口にすることができるのです。
一方、働き蜂は、花粉や花から集められている蜂蜜を食事としています。

次に、含まれている栄養素についてですが、これについても2つの成分には大きな違いがあります。
ローヤルゼリーはアミノ酸やビタミン類、ミネラルなどといったような豊富な栄養成分http://butcherranch.org/jelly0007.htmlがバランスよく含まれています。
それだけではなく、こちらの食品だけに存在していると言われているデセン酸も豊富にふくまれているのです。
つまり、単なるエネルギーの元というわけではなく、身体を作るうえで必要な栄養素や体調を整えてくれる働きをもっている栄養素が豊富に含まれているのです。
一方、蜂蜜は、ほとんどが糖分でできていますので、エネルギー源としては非常に有益ですが、含まれている栄養素においては、特別豊富な食事だとは言い難いでしょう。

最後に、味の違いが挙げられますが、ローヤルゼリーは、酸味が強くて、匂いも独特なものです。
生の状態でそのまま食べ続けるのは、少々困難な人も多いようです。
そこで、糖衣にしたり、ソフトカプセルにしたりする方法で、数多くの商品が販売されているようです。
しかし、蜂蜜は甘くて非常に美味しいので、好きな人も多いのではないでしょうか。
甘いだけではなくて、花の香りがしますので、砂糖代わりにして好んで食べている人もいるようです。
ちなみに、女王蜂は、遺伝子が働き蜂と異なるわけではなく、栄養面において優遇された結果、特別な蜂となることができるのです。
また、ローヤルゼリーの効果を向上させる食生活についても参考にご覧ください。