カロリー視点のローヤルゼリー

カロリー視点のローヤルゼリー

ローヤルゼリーというのは、蜂の巣から採取することができるものなのですが、蜂蜜とはちがって、それ自体にカロリーはあまりないようです。
様々な種類のアミノ酸やビタミン類が成分として含まれており、その他にも、ミネラルと呼ばれている無機質な成分も含まれている身体によい食品であるといえるでしょう。
商品の種類ですが、生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーと、添加物が加えられてある調整ローヤルゼリーの3種類あります。
この中でも、生のローヤルゼリーは、アミノ酸や、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているのですが、糖分などのカロリーの高いものは、ほとんど含まれていないようです。

それで、身体にいい成分が豊富で、低カロリーだといえるのです。
一般的な一回の摂取量は、1g程度なのですが、1gのものには数カロリーしか含まれていないので、太っている人が摂取した場合においても何の問題もありません。
乾燥されたものは、生のものを乾燥させただけですので、成分自体は生のものとあまり変わりません。
したがって、乾燥したタイプのものも非常に低カロリーなものとなっています。

また、ローヤルゼリーを含んでいるサプリメントなどの製品は、数多くありますが、これらのものの中には、調整ローヤルゼリーと呼ばれているものもあります。
これは、5/6以下の成分については、それぞれ他の成分が含まれていますので、どんな成分が他に含まれているのかによって、それぞれのカロリーも当然異なってきます。
製品によりますが、どのような成分を使用していて、カロリーはどのくらいなのかについても記載されているものがありますので、カロリーが気になる人は、そういったものを参考にして購入すればいいのではないでしょうか。
例えば、糖分を多く含んでいる製品であれば、自然とカロリーも高くなるのですが、大抵の場合、健康食品として摂取やすいように加工されているだけですので、あまりカロリーを気にしなくてもいいでしょう。